FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2019

Thrash/Doom/Death/Hard Rock/NWOBHM...(メロスピとかは嫌いDeath)


プロフィール

gutripper67

Author:gutripper67
カレーとハードな音を愛する窓際係長Death。

くるくるウィジェット
検索フォーム
美人時計
くるくるウィジェット
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
4247位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ロック
295位
アクセスランキングを見る>>
サーチウィジェット
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

17

Category: Metal

Tags: ---

Comment: 4  Trackback: 0

Keep On Living In Pain
23


~1回聴いて即売っ払ったアルバム(PartⅠ)~


1.Megadeth/Youthanasia(1994)

も

わしにとってThrashメタルというのは1にアグレッション、2にリフの切れである。
前作あたりからPopになって嫌な予感がしていたが、4.“ A Tout Le Monde”というのを聴いて唖然とした。
売れ線狙い(?)のラヴ・ソングでアグレッションの欠片も無い。
他の曲も攻撃性は薄れている。さようならということで売っ払った。
やっぱ現・新宿在住のあの人の影響が強かったのだろうか。


2.Accept/Objection Overruled(1993)

89


'93当時の再結成第一弾であり、期待も高かったように思うが、
今までツインギター編成だったのがWolf一人となり音に厚みが感じられなくなった。
音作りも若干R&R寄りとなって「Balls~」から「Metal Heart」あたりまでの重厚な音に比べると、
多少物足りなさを感じたのも事実。
これで曲が良ければ我慢するのだが、明らかに解散前を上回る出来のモノは無いし・・・
中古で500yen位で買う分には文句は無い。(無茶苦茶言ってるなw)


3.Kreator/Renewal(1992)


96

彼ら最大の魅力は血管ぶち切れVoと暴走サウンドではなかったか。
変に抑えたVoと疾走感不足の曲・・・
妙にスコンスコンいうスネアの音も気になる。(当時結構多かった)



~最近聴いてるブツ~

ZZ Top/La Futura

la

Rick Rubinプロデュース、9年ぶりの新作。
Billy GibbonsのVoが多少苦しげになっているが、
不変のブルーズ・ロック/ブギーを聴かせてくれる。
BillyのGも健在、曲も良い。




Boxer/Bloodletting

97

Mike Patto(Vo)とOllie Halsall(G)によるPattoの発展バンド。
'76に2ndとして完成していたが、当時はお蔵入りとなり'79に発表。
いきなりBeatlesのカヴァー“Hey Bulldog”で始まり、全9曲中4曲がカヴァーだが、
不思議と散漫な印象は無い。
ハードロックともポップとも言えない独自のセンスを持ったサウンドだが、
Ollieの参加したTempestの2ndにも通ずる部分も見え隠れする。
長年入手困難だったが、英Esotericより1stとともにリイシュー。
良いレーベルだなー。




吉木りさ 2013カレンダー吉木りさ 2013カレンダー
(2012/10/24)
-

商品詳細を見る


ぷっちょワールド×AKB48 ペタストラップ こじまっちょ 小嶋陽菜ぷっちょワールド×AKB48 ペタストラップ こじまっちょ 小嶋陽菜
()
ぷっちょワールド×AKB48

商品詳細を見る
小松彩夏/Hawaaaaaaaaaaii [DVD]小松彩夏/Hawaaaaaaaaaaii [DVD]
(2012/09/28)
小松彩夏

商品詳細を見る

関連記事
スポンサーサイト

Comments

メガデスってそもそもスラッシュっぽくないし、いいアルバムも無いし、しいて挙げると1stがフツーですかね。ムスティン氏のVoにアグレッシブさ・危機迫るものが無く、何というか燃える要素が無いなぁと。自分も売っぱらいました。ACCEPTのソレは同意見です。でもトーニロの来日は観たいです。クリーター(敢えてこう書く)は、「エンドラマ」聴いてそれ以降買うのヤメました。
この前、爺爺トップのギター、ベース氏みたいなロン髭の爺がヨタヨタ歩いていました。爺爺の影響力ってすごいですね。
松戸氏
( ‘д‘)<女の好みは180°違いますが、今回は全く同感ですね!
芽が出ず(昔のぶるるん!的表現)はわしも1stと2ndのみ聴けます。
ガルなんとかさんとクリスポーランドが去ってから個人的には面白くもなんともないです。

わしも“クリーター”と呼んだほうがしっくりくるんだよなあ。
クリエイターとかいうとなんか建設業とかライフプランナーを連想します。
クイーンズライクやグレアム・ボネットなんかもピンときませんが、
さすがにセイクレッド・ライヒとは言いません。
自分は、A面だけ聴いて終わったアルバム、モトリーのシアターがあります。
このアルバムは聴けなかった。
まあ、クソみたいなのは、沢山ありますね。メガデスはアナーキーインザUKのシングルがあれば、他はいらんです。

いつのまにクリーターになったんだろうと思ってましたが、和田誠が間違えてクリーターと読んだらしいです。ビリーシーハンと同じレベル?
ゴーヤーさん
>モトリーのシアター
例のBrownsville Stationのカヴァーがありますね。
まああのアルバムの功績は彼らの名を世に広めた事くらい。

Kreatorは再び“クリーター”表記になってるみたいですね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BC

元の発音に拘れば“ピーター・ゲイブリエル”や“レッド・ゼッペリン”のほうが近いわけで、直せばきりがありませんw

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。