FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  01 ,2019

Thrash/Doom/Death/Hard Rock/NWOBHM...(メロスピとかは嫌いDeath)


プロフィール

gutripper67

Author:gutripper67
カレーとハードな音を愛する窓際係長Death。

くるくるウィジェット
検索フォーム
美人時計
くるくるウィジェット
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
5728位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ロック
388位
アクセスランキングを見る>>
サーチウィジェット
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

03

Category: Metal

Tags: ---

Comment: 6  Trackback: 0

アメXロをメンチに!
(#゚Д゚)< 世間はGW(Great White)Deathね。




~世の中では評判良くないが聴いてみると悪くない~


Morgoth/Odium

odium

某CxNx氏は酷評してましたが、わしは結構気に入ってます。
初期陰鬱Death Metal路線から、モダン・へヴィネスに接近した内容が受け入れられなかった・・・
というか、ぶるるん!ではレビューすらされなかったというのはどうなんだ前田。
やっぱ“絶望と慟哭に支配された漢のメタル”でないとダメなのか?(w
さすがに次の“Feel Sorry For The Fanatic”は弁護の余地はありません。(w




Destruction/Cracked Brain

23

Schmier(B/Vo)脱退後、PoltergeistのAndreなるVoを参加させて作った1990作。
癖の有るSchmierのVoが特徴でもあり、売りでもあったわけですが、
逆に個人的にはこちらの方がとっつきやすかった。
さすがに“My Sharona”のカヴァーは要らんとは思いますが・・・




Raven/Architect Of Fear

410

1991年作、Steamhammer/SPV移籍第一弾。
この時代はモダンへヴィネス全盛時で、彼等のようなピュアなメタルバンドが活動していくには困難な時代だった。
この作品も、タイトルチューンや、“Disciple”,“White Hot Anger”,スピーディーな“Relentless ”等、
Ravenらしさ満載のナンバーが揃っており、楽しませてくれる。
まあ、基本彼等のアルバムには駄作はありません。




Foghat/Tight Shoes

2408

’80年代最初のFoghatのアルバム。(通産9作目、ライヴ除く)
前作までの泥臭い雰囲気を排除し、ジャケから連想されるようなモダン・ポップ路線を打ち出した意欲作・・・
なのだが、結局リスナーには受け入れられず、この作品以降のセールスは急降下していった。
でも今聴くと、モダンなハード・ポップ路線と従来の彼等らしさが上手く融合された良い作品だと思う。
特に4.“Dead End Street”、5.“Be My Woman”という曲あたりは素晴らしい出来。



グレイト・ホワイトグレイト・ホワイト
(2005/10/26)
グレイト・ホワイト

商品詳細を見る


タイト・シューズ(K2HD/紙ジャケット仕様)タイト・シューズ(K2HD/紙ジャケット仕様)
(2007/09/05)
フォガット

商品詳細を見る



一泊二日、美少女完全予約制。~春香ルリの場合~ [DVD]一泊二日、美少女完全予約制。~春香ルリの場合~ [DVD]
(2011/01/01)
春香 るり

商品詳細を見る




関連記事
スポンサーサイト

Comments

アメXロをメンチカツに!
Ravenは、Glowで失敗こいてますね。
念のために言っておくと"Relentless"はPENTAGRAMのカバーです。
実はGWは結構好きだったりする。初期の頃はL.A勢でも女のケツ追いかけているアホバンドと違ってちゃんとロッケンロールしているし。ワンスビトントワイスシャイあたりまで聴いてましたね。以降は、ドイツからキングダムカムカムが登場して以来、どっちがZEPっぽいかを競うよーになってから聴かんよーになったぜ。
いやいやいや、Destructionは、復活前のシュミヤー在籍時でしょう。
で、一泊二日、美少女完全予約制でお幾らですか?食事付きですか?v-40
松戸マックス氏
( ;‘e‘)<「Glow」も悪くないぞ!いや、10年くらい聴いてないわけだけども。(汁
>"Relentless"はPENTAGRAMのカバーです。
ハッセルヴァンダー絡みでそうだったかな?と聴き比べてみたら全く違いました。
わしの貴重な時間を返せ!

GWの1stが新品で2万4千円程と高騰していたのはいかがなものか。
さすが投資場EMI(エミ)の政則監修Burrn !レジェンドシリーズ。
GWってそんなに高い?
Ravenは当時、尻すぼみになっていくようで寂しかったです。
デストラクションは多分買ってないや、シュミーヤ脱退は衝撃的やったです。
今なら、聴けるかも。今度買ってみようっと。

グレイトホワイトは高いですね。アナログは300円だぜ。何年か前、すごいはまって最近のも全部揃えました。
ゴーヤーさん
GWは自分は初期だけ好きなんですよね。
“Rock Me”とかの時期になるとちとくどくて。
なんか初期のCDは尼ではぼったくり価格になってます。

Destructionは実はここまでしか聴いてません。
ジャーマンスラッシュ3羽烏(自分の嫌いな呼び名w)では、最も早く聴かなくなったバンドかな。
今でも聴いてるのはSodomくらいです。
もっこす
Odiumは発売当時(高校生)に買って「なんじゃこりゃ」と売りとばし、
大きくなってから「今なら聴けるかも」と中古で買いなおしてみました。
そして再度なんじゃこりゃと売り飛ばしました。
ちなみに遊人画伯の「ANGEL(全5巻)」も中学生の頃楽しく読みましたが、売り飛ばし、
大人になってからまたブックオフで買いました。
MORGOTHに話を戻すとFell Sorry~の方が面影がなくて諦めも付く分、楽しめました。

デストラのコレは、シュミーア復活後のアルバムどもよりは良い出来です。
が、やはりマイ・シャローナはいらねえー
某氏
( ;‘e‘)<ぬーん、やはりOdiumはダメDeathか。
わしが世間一般で絶賛されている「Heaven&Hell」や「Thundersteel」をクソも良いとは思えないと一緒で、
根本的に受け付けないんでしょうな。
遊人画伯は高校のときは楽しく読めましたが、今は「クッキングパパ」とか読んでます。
パロディ・オブ・ライフ。(初回ジャケ真っ黒)

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。