FC2ブログ
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2019

Thrash/Doom/Death/Hard Rock/NWOBHM...(メロスピとかは嫌いDeath)


プロフィール

gutripper67

Author:gutripper67
カレーとハードな音を愛する窓際係長Death。

くるくるウィジェット
検索フォーム
美人時計
くるくるウィジェット
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
2955位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ロック
222位
アクセスランキングを見る>>
サーチウィジェット
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
03

Category: NWOBHM

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

Witchfynde/Stagefright
NWOBHMの3大Witchバンドの1つ(w)、Witchfyndeの2nd。('80)
よく間違える人がいるが、綴りは“Find”ではなく“Fynde”である。

'79にシングル“Give 'em Hell”でデビュー。
翌年の'80に同名のアルバムをRondeletレーベルよりリリースする。
彼らもジャケットやバンド名から連想されるようにBlack Sabbath等の流れを汲む、
黒魔術的要素の強い暗黒HR志向であったようだが、
邪悪でアグレッシヴなスタイルのAngel Witch(1st当時)、
初期Black Sabbathへの傾倒丸出しだったWitchfinder Generalに比べると、
オーソドックスなブリティッシュHRに近いスタイルとなっている。

?Stagefright
?Doing The Right Thing
?Would Not Be Seen Dead In Heaven
?Wake Up Screaming
?Big Deal
?Moon Magic
?In The Stars
?Trick Or Treat
?Madeline

Vo:Steve Bridges
G:Montalo
B:Pete Surgey
Ds:Gra Scoresby


タイトルチューンの?は暗く重く湿った曲調の、不気味な雰囲気を漂わす曲。
Steve BridgesのVoもOzzyの影響下にありながらも、
Witchfinder GeneralのVoのように単なるクローンになっておらず、
独自のスタイルを持っている。
叙情的な旋律を持つ?も素晴らしい。
?はThin Lizzyの“The Boys Are Back In Town”に似た明るい曲。
バンドのイメージに合わずなんか変。
?はアップテンポのハードな曲。
他、メロディックかつハードな正統派HR?、Diamond Headあたりがやってても違和感の無い?、
ブルージーなヘヴィ・ロック?と佳曲揃い。
バンドイメージとして悪魔的路線で売り出したのが間違いだったのでは?
と思わせるヴァラエティ豊かな曲調で楽しませてくれます。
Gの人も芸名はマヌケですが(失礼)、ツボを得た素晴らしいGプレイを聞かせる。

この後3rdからVoが替わり、よりオーソドックスなHRスタイルに近づいていきます。
4th「Lords Of Sin」('84)を出した後消息を絶ちますが、
2001年に突如復活。昨年もそれ以来7年ぶりとなるニューアルバムを出しているとか。(未聴)





Protected From Reality-Stagefright


Best of Witchfynde/Witchfynde

¥1,247
Amazon.co.jp

関連記事
スポンサーサイト



Comments

1 ■Witchfynde
1stと2ndはアナログで持ってますが、ジャケの黒魔術っぷりに合わない普通のHRっぷりでずっこけますね。世界観は嫌いじゃないですが。
同じく強烈なジャケのDEMONとかも今となっては普通のHMですけど。
2 ■Demonは
これ以上に普通のHRですよね。
本作も、それらしいのはタイトル曲だけかという
感じです。
4thなんかもジャケだけは怖いんですがね。(w

Leave a Comment