1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2013

Thrash/Doom/Death/Hard Rock/NWOBHM...(メロスピとかは嫌いDeath)


プロフィール

gutripper67

Author:gutripper67
カレーとハードな音を愛する窓際係長Death。

くるくるウィジェット
検索フォーム
美人時計
くるくるウィジェット
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
4616位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ロック
324位
アクセスランキングを見る>>
サーチウィジェット
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

23

Category: Metal

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

Gods Of Wrath
96


~最近来たブツ~

Autopsy/The Headless Ritual

head

2年ぶりの6th。
まだそんな枚数なのかと思ったが、間にAbscess挟んでるので、
それのスタジオアルバムを合わせると12枚目となる。
別に合わせる必要無いけど。

内容はあまり聴かなかった前作より遥かに良い。
基本的なスタイルは変わりようはないが、楽曲が練られていてヴァラエティに富んでおり、
聞き手を飽きさせない。
なんかいつもよりギターソロパートが多めにフィーチャーされている印象。






Wrath/Fit Of Anger/Nothing To Fear/In Concert(DVD)

7

わし待望の再発。
シカゴのSpeed/Power Metalの'86年1st、'87の2ndをセットにしてStormspell Recordsがリリース。
'80初期アメリカによく居た、初期Iron Maidenに影響を受けたバンド
(他にArmoured Saint,Omen,Abattoir,Obsession他...)の1つ。
1stはKing Classic、2ndはMedusaというマイナーレーベルから発表、
後年CD化されるも廃盤で、
たまにeBayで見かけても高額で入手は困難でした。

内容は1stはいかにも“俺達、初期Iron Maiden大好きなんです!”というタイプ
(こういう文も初期B!でよく見かけたw)で、
I.Maidenをドライにしてアメリカンメタル風味を振りかけた感じで悪くない。

そして、レーベル移籍後の2nd。
いきなり、“Produced by Ronnie Montrose”である。
'87というご時世を反映してか、スピード感が速くなり、Thrashへの意識が強くなっている。
これもよく言われた“高速Iron Maiden”との表現がしっくりくる。
ただ、1stではそんなに気にならなかったVoの高音部でのヒステリックなシャウトが時折耳障りだ。
演奏は良いが。
トータル的にみたら1stのほうがおすすめかな。
まだDVDは見てませんw




Tank/Breath Of The Pit

852


Mick Tucker&Cliff EvansのメロディアスTankに業を煮やして(?)、
Algy Ward御大がTank名義で突如発表したアルバム。
元々、彼は病気の為脱退、後を任されたG2人が元RainbowやらDragonforceとかのVo迎えて、
バンドのコンセプトが崩壊した・・・との認識があったのですが実際どうなんでしょう。
なんか今のスカイライン(車)に通じる面があるな。

曲の出来は悪くないです。
なんかピリッとしなかった「Still At War」より良いと思うくらい。
しかし、“All Instulments”といってもDsは打ち込み、不自然な感は否めない。
その点、Joe Hasselvanderとかのほうが上なのかw

彼にはちゃんとしたバンドを組んでもらいたいですが、このままSaxonみたいな感じで行くのかな。
あっちは本家のほうが変に大袈裟メタルになってますが。






尋常じゃないパイズリ狭射 / プレステージ [DVD]尋常じゃないパイズリ狭射 / プレステージ [DVD]
(2013/07/19)
あやみ 旬果

商品詳細を見る


Nothing to FearNothing to Fear
(1993/07/01)
Wrath

商品詳細を見る

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。