3
4
5
6
7
8
9
10
12
13
14
15
16
17
19
20
21
22
23
25
26
27
28
29
31
  10 ,2010

Thrash/Doom/Death/Hard Rock/NWOBHM...(メロスピとかは嫌いDeath)


プロフィール

gutripper67

Author:gutripper67
カレーとハードな音を愛する窓際係長Death。

くるくるウィジェット
検索フォーム
美人時計
くるくるウィジェット
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
4616位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ロック
324位
アクセスランキングを見る>>
サーチウィジェット
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

30

Category: Metal

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

Sick Again
アスはHelloween(スペルが違う)でわしの誕生日でもあります。
同じ日に生まれた有名人は、岡部幸雄(元騎手)、故・飯島愛がおります。
だからどーした。m9(´U`)

最近買った盤を紹介。

Foghat/Last Train Home


$Protected From Reality-foghat

スタジオ15作目。今回は己の“Foghat Records”という自主レーベルからの発表となっている。
現在のメンバーはCharlie Huhn(Vo)、Bryan Bassett(G,Ex.Wild Cherry/Molly Hatchet)、
Craig MacGregor(B)、Roger Earl(Ds)。
1曲を除いて、全てブルースのカヴァーとなっている。
元来Savoy Brownのメンバーだったバンドのルーツに帰った
(とはいってもオリジナル・メンバーはRogerしかいないが)とも言えるだろう。
“オレはLonesome DaveとRod PriceがいないFoghatは認めん!”という人にはオススメしませんが、
リラックスして聴けるブルース・ロックとしては高品質の出来。




Soundgarden/Telephantasm: A Retrospective


$Protected From Reality-sound

復活したと噂される彼等のベスト。
わしの買ったのは2CD+DVDの3枚組で、例によって紙ジャケに無造作にディスクが突っ込んでありました。
初期のBlack Sabbath+パンク+アヴァンギャルドみたいな路線の曲はカッコいいんですが、
後半売れてからの曲が一気につまらなくなっていくのが面白いというか面白くないというか。(w
プロデューサーの意向か、本人達の意思なのか。
タイトルからしてSabbathへの愛を感じる“Beyond The Wheel”、
そのタイトル通りブルドーザーに押し潰されるが如きヘヴィさの“Slaves And Bulldozers”
を入れた所はポイント高し。
後、“Mailman”とか“Limo Wreck”入れてくれればわし好みだったのにねー。
まあChris Cornellという人もAudioslaveやったり、ソロで007のテーマ歌ったり、
イマイチHeavy Rockというものに今でも興味があるのか不明であります。





~今日のDeathです~

V.A./In The Eyes Of Death

$Protected From Reality-Death

'91リリース、Century MediaのDeath Metalコンピ。

1.Unleashed - Unleashed
2. Unleashed - Dead Forever
3. Unleashed - If They Had Eyes
4. Asphyx - Wasteland Of Terror
5. Asphyx - Pages In Blood
6. Tiamat - A Winter Shadow
7. Tiamat - Ancient Entity
8.Morgoth - Burnt Identity
9.Morgoth - Travel
10. Grave - Eroded
11. Grave - Putrefaction Remains
12. Grave - Haunted
13. Loudblast - Outlet For Conscience
14. Loudblast - Psalm 9
15. Loudblast - Punishment

当時、Earacheの「Grind Crusher」と共に、わしをDeathの道に誘うきっかけとなった一枚である。
収録6バンドの内、その後日本で人気になったバンドは1つもいない。(w

どのバンドも欧州独特の重さと暗さを兼ね備えたサウンドで、
特にAsphyxのMartin Van Drunenのヒステリックで病んだDeathヴォイスには衝撃を受けましたね。
何気に不遇のFrench Death Metal、Loudblastが虎舞竜のカヴァーをやっているのを見逃してはいけない。
Tiamatはその後メロメロの今井メロになってしまいます。






Last Train Home/Foghat

¥1,115
Amazon.co.jp

Telephantasm: A Retrospective/Soundgarden

¥1,762
Amazon.co.jp

Loud, Live and Heavy/Loudblast

¥1,502
Amazon.co.jp

卓上 大島優子(AKB48) 2011年 カレンダー/著者不明

¥1,575
Amazon.co.jp

18禁カレー/株式会社 磯山商事

¥1,000
Amazon.co.jp

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。