FC2ブログ
1
3
5
7
9
11
12
13
14
15
16
18
20
22
23
24
26
27
28
29
30
31
  07 ,2010

Thrash/Doom/Death/Hard Rock/NWOBHM...(メロスピとかは嫌いDeath)


プロフィール

gutripper67

Author:gutripper67
カレーとハードな音を愛する窓際係長Death。

くるくるウィジェット
検索フォーム
美人時計
くるくるウィジェット
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
2955位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ロック
222位
アクセスランキングを見る>>
サーチウィジェット
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
10

Category: 戯言

Tags: ---

Comment: 4  Trackback: 0

Don't Tell The Kids
( ;‘e‘)<最近聴いてる盤やリリースものをランダムにお送りしよう。(ジャンル無視

Maxus/S.T.

'81発表のAOR/Fusion(?)ユニット、唯一の作。
セッション・ギタリストで有名なMichael Landau(G),Jay Gruska(Vo,Key), Robbie Buchanan(Key),
Mark Leonard(B), Doane Perry(Ds)という錚々たるメンツ。
ポップかつメロウだが甘すぎず、加えて質の高い演奏。

個人的にはTOTOの1stに匹敵する名作。長らく廃盤だったが、7/21に紙ジャケ(・・・)で再発。
Marc Jordanなんかも再発されるらしい。




Soft Machine/Bundles

$Protected From Reality-Soft

'75年8th。
Harvest移籍後の作品はなかなか再発されなかったが、ようやく再発された。

自分はMachineの作品を全制覇しているわけではないし、語れる程の知識も持ち合わせていないが、
感想を書かせてもらう。
全編に渡るAllan Holdsworthの奔放なギタープレイが耳に付くが、
それが生きるのもバックの堅実な演奏があってこそ。
特にMike Ratledge(key)、Roy Bobbington(B)のプレイが素晴らしい。
しかし、あまりにJazz/Fusionに近づきすぎて、
同時期のJean-Luc PontyやBrand-Xなんかと区別が付きにくくなっている感もある。
でも自分は好きなアルバムです。




?今日の怒れる機械?


Dio/Angry Machines

$Protected From Reality-Angry

あれの件が有ったので、実家から持ってきて久々に聴いた。
Tracy G時代は特にここJapanでは無視というか酷評されてるが、全然いいじゃん、コレ。
'96年当時のモダン・へヴィネスというエッセンスを取り入れながらも、
伝統的なDio節は全く失われておらず、Tracyのプレイもへヴィかつ、曲を壊さずツボを得たものとなっている。
いつまでもRainbowや初期Dioの頃に固執せず、
常にミュージシャンとして前進するという姿勢を見せた意欲作でもあるわけだ。

これを酷評するとは、いかに日本のメディアはいつまでもRainbowやH&H Sabbath(初期)に固執している
頭の固い保守的な輩が多かったのかが分かって嘆かわしい。
この路線が受け入れられず、結局はCraig GoldyやDoug Aldridgeを入れて初期路線へ戻ろうとするわけだけど。
個人的にはDio名義では2ndの次に好きだわ。ジャケはちょっと何ですが。





デビュー!!(SHM-CD紙ジャケット仕様)/マクサス

¥2,730
Amazon.co.jp

バンドルズ(紙ジャケット仕様)/ザ・ソフト・マシーン

¥2,940
Amazon.co.jp

Angry Machines/Dio

¥1,187
Amazon.co.jp

熊田曜子 DVD『天照 -アマテラス-』/熊田曜子

¥3,990
Amazon.co.jp

スポンサーサイト