1
2
3
4
6
7
8
11
13
14
15
16
18
19
20
22
23
25
27
28
30
  06 ,2010

Thrash/Doom/Death/Hard Rock/NWOBHM...(メロスピとかは嫌いDeath)


プロフィール

gutripper67

Author:gutripper67
カレーとハードな音を愛する窓際係長Death。

くるくるウィジェット
検索フォーム
美人時計
くるくるウィジェット
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
4616位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ロック
324位
アクセスランキングを見る>>
サーチウィジェット
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

29

Category: Death Metal

Tags: ---

Comment: 6  Trackback: 0

Death Metalにとっての進化とは
Death Metalというのが当初('80年代後半)登場してきた時、
それは従来のメタルの持つ醜悪でおぞましい部分を極端にデフォルメして誕生したものと捉えていた。
当時のDeath,Pestilence,Obituary,Autopsy,Cannibal Corpse...
いずれも醜悪な死臭を放っていた。

ところが、'93のCarcass「Heartwork」、'94にEdge Of Sanityが「Purgatory Afterglow」をリリースした頃から、
ぶるるん!でも“メロディック・デスメタル”というムーヴメントを特集し始め、
要はVoだけDeath声でバックの演奏は普通のメタル(あくまでメロディック)というのが
段々もてはやされてきたのだ。
代表バンドはAmorphis,Dark Tranquillity,Sentenced等。

わしも当初は喜んでこれらのバンドを聴いていたが、段々食傷気味となり、
Amorphisの「Tales From The Thousand Lakes」に至っては、
“何だ、これは単なるクサメロバンドではないか”と思って、速攻でCDを売りますた。

元来、メタルの最もおぞましい部分をクローズアップさせて生まれたこのミュージック、
それを聴き手に媚びてメロディックな部分を強調させては、それは果たして進化と言えるのか。
むしろ退化ではないか。

その他にも最初はDeath Voiceでガナっていたが、
音楽的な進化(?)によってどんどんメロディックになっていったParadise Lost,
Tiamat,Therion,Anathema...なんてのも居ますね。
年を取るとDeath声で咆哮するのもツラいのでしょう。

まあ、要はDeath MetalバンドもCDが売れないとメシが喰えないということDeath。
(強引な〆)









Beyond Sanctorum/Therion

¥1,154
Amazon.co.jp

中村静香 恋はしずかに [DVD]/中村静香

¥3,990
Amazon.co.jp

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。