2
7
9
10
12
13
14
15
16
18
19
20
22
24
25
26
28
30
  05 ,2009

Thrash/Doom/Death/Hard Rock/NWOBHM...(メロスピとかは嫌いDeath)


プロフィール

gutripper67

Author:gutripper67
カレーとハードな音を愛する窓際係長Death。

くるくるウィジェット
検索フォーム
美人時計
くるくるウィジェット
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
3901位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ロック
282位
アクセスランキングを見る>>
サーチウィジェット
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

31

Category: 戯言

Tags: ---

Comment: 4  Trackback: 0

The Derby
今日は日本ダービーだ。

今はやってないが、ヤホー時代には毎週重賞の予想を書いていたものだ。
ちなみに今年当たったのはAJCCとマイラーズCくらい、
春天では◎アルナスライン、▲マイネルキッツで3連単しか買わずに撃沈した大馬鹿者Death。

今日の予想

◎アンライバルド

○セイウンワンダー

▲シェーンヴァルト

△トライアンフマーチ

△トップカミング



道悪予想、外より内が有利とかいって外の差し馬が多いですが、
前走14着の馬や青葉賞の勝ち馬が勝つとは思えないんだよなあ。
自分は'95年から競馬やってますが、ダービー当たったのは'95タヤスツヨシ、
'03ネオユニヴァースのときぐらいです。(ガチガチやん)

ついでに東京9R、むらさき賞予想。(何故目黒記念じゃないのか)

◎アペリティフ
○テラノファントム
▲ダンツホウテイ
△ロードアリエス
△トウカイオスカー


Paul Chainと並ぶイタリアの至宝、Bulldozerが“The Derby”という曲をやってます。
再結成したそうなので、Testamentばっか毎年呼ばないでスラドミに呼べよ。
(行けないけど)




IX: Circle of Hell/Bulldozer

¥1,323
Amazon.co.jp

?先週のNews?

Varg Vikernes(Burzum)釈放

ソース
http://www.roadrunnerrecords.com/blabbermouth.net/news.aspx?mode=Article&newsitemID=120605


懲役20ン年とか言われてた気がしますが。
以下ヤホー翻訳。


Varg Vikernes(一名Count Grishnackh)
(1993年8月にMAYHEMギタリストオイステインAarseth(一名Euronymous)を台なしにして、
3つの教会に火をつけた件で有罪判決を受けた元BURZUM立案者)は、自由な男性です。

「私は、私が刑務所から解き放されたことを確認することができます」と、
VikernesがノルウェーのDagbladetに話しました。

彼の仮釈放のアプリケーションが4回否定されたが、 ? 2008年9月に最も最近 ? Vikernesは、
2月に、彼が懲役ほぼ16年務めた後に解放されるという知らせを受けました。
Dagbladetによれば、彼はついに二週前去ってもよかったです。

「私は、1年の間報告しなければなりません[仮釈放の役員に] ? まず最初に2週ごと、
それから、月に一度」と、Vikernesが言いました。

過去の二年間の間、VargはTroms、ノルウェー(刑務所が位置する所で)
と訪問のまわりを彼の家族を歩くために定期的に刑務所を出るのを許されました。

昨年、法務省のケース労働者がVikernesは刑務所で彼の年の後、
外側での生活に適応することができないのを恐れると報告されました。

「私は、社会の準備ができています ? そして、私は長年に賛成でした」と、
Vikernesがこの7月Dagbladetに話しました。
「私は私の間違いから学んで、より年をとっているようになりました。
現在、私はちょうど私の家族と共にいたいです。」

彼は付け加えました ― 「私の心が、刑務所にこれまでありませんでした;
私は、常に、私が私が解放される日にしなければならないことについて考えます。

「彼が生まれた時から、私は私の息子にかろうじて会いました。
たとえ私が毎日ほとんど電話で彼の声を聞くとしても、
それは彼が育つ間、まさしくタフな人がいないということです。

「私は、私の家族を逃します。そして、私が私の農場に取り組むことができて、
音楽を作成することができて、本を書くことができて、
24時間妻と子供といることができた日、私は前を見ます ? そして、通常の人生を送ってください。

B、Telemarkの郡の自治体、ノルウェーのVarg Vikernesの新しい家の写真は、
下で(Varden.noの好意による絵)見られることができます。
Vikernesは昨年いつか農場を購入して、
彼のフランスの妻と息子と所有地で大部分の彼の時間を過ごす予定になっています。
そして、その人の両方とも相当な時間のために家にすでに住んでいました。

「私が他の人に敬意を表して、私は他の人に私を尊敬して欲しいです」と、
Vargが昨年の夏Varden.noに話しました。
「我々は本当に全く普通の人々です、そして、
我々は他の誰よりもこれ以上の注意が欲しくありません。」

ジャクソンラスボーン(「薄明かり」からの10代の素敵な人)は、
伝えられるところでは来るべき映画「支配者Of Chaos」でVikernesをすることに同意しました。

マイケルモイニハンと同じ名前のDidrik Soderlindの本に基づいて、
映画は本当のイベントを表して、1990年代初期にノルウェーの全域で
殺人と教会のarsonsの波を引き起こした黒い金属サブカルチャーを中心に回ります。

「支配者Of Chaos」で彼の英語デビューをすることは、熱い日本のディレクターシオンソノです。

ロサンゼルスに拠点を置くSaltire Entertainmentのスチュアートポロック、
Eleven Artsの森耕と韓国のBom ProductionsのOh Jungwanは映画を生産しています。
そして、それは9月中旬にノルウェーで撃ち始めます。

Burzum.orgウェブサイトに掲示される2004年の声明で、
Vikernesが「泥のプール」として「Of Chaos卿」本を切りすてたこと、
主張しますその、「この本でされるすべての声明の膨大な大多数は、どちらの誤解でもあります;
前後関係から取り出されます;誤解;悪意のあるうそは、敵によって作りました;
無知の結果;最大の誇張;および/または、せいぜい情報を第3の手渡してください。
これは、私に起因している声明を含みます!」と、
Heが言い続けました、「この本は1つの一つの目的だけにかないます、
そして、それは私の名前のまわりで神話を引き起こすことになっていて、
私を煙に巻くことになっています。
それが彼らの目的であるならば、彼らは本当に彼らの仕事にうまくいきました。
さて、本は他のひとつ目的にもかなったようです。
著者は、なんとか金属ファンの世代の上部をうそで満たすことができました。
正義の反乱でありえたことは、DIMMU BORGIRのようなバンドによって最も例証されるいくらかの感傷的で、きまりが悪くて、脳死状態で、無力で、伝統的な気取り屋-文化になりました ?
そして、まあ、VENOM!」


Anthology/Burzum

¥1,328
Amazon.co.jp

Filosofem/Burzum

¥2,100
Amazon.co.jp

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。