2
4
5
7
8
10
11
14
16
18
21
23
25
26
28
31
  12 ,2008

Thrash/Doom/Death/Hard Rock/NWOBHM...(メロスピとかは嫌いDeath)


プロフィール

gutripper67

Author:gutripper67
カレーとハードな音を愛する窓際係長Death。

くるくるウィジェット
検索フォーム
美人時計
くるくるウィジェット
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
4616位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ロック
324位
アクセスランキングを見る>>
サーチウィジェット
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

30

Category: Metal

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

Pantera/I Am The Night
多分、これが今年最後の更新になる。

Panteraを知ったのは、B!誌に載っていた2nd
「Projects In The Jungle」のレビューであった。
確か86点位の高得点がついていた。
ご存知の通り、この頃は“テキサスのデフ・レパード”
言われ、「Pyromania」の頃のDef Leppardを、
アメリカンHMのフレイバーで仕上げたようなサウンドであった。
この頃、確かDiamond(当時)Darrellは17歳位だった筈。

そして自分は3rdのこの作品('85)で、
彼らの音に初めて接する。

?Hot And Heavy
?I Am The Night
?Onward We Rock
?D.G.T.T.M.
?Daughters Of The Queen
?Down Below
?Come-On Eyes
?Right On The Edge
?Valhalla
?Forever Tonight

Vo:Terrence Lee
G:“Diamond”Darrell
B:Rex Rocker
Ds:Vinnie Paul

Produced by The Eld'N

ジャケは相変わらずダサいが、
内容は初期Panteraの総大成と言うべき充実した内容。
オープニングの?からして、
メジャー感溢れる音質で驚かされる。
キャッチーなメロディーとハードなドライヴ感を持つ曲だ。
その他の曲もハードな疾走ナンバー?
(後に「Power Metal」でリメイク)、
どこか影のあるメロディーの?、
個人的にアルバムのベストテイクである?、
これまたハードでスピーディーな?と良い曲が満載である。

このアルバムを最後にVoのTerrence Leeが脱退、
サウンドもチェンジしてしまった為に、
この頃のインディーズ時代の音源は
永久に再発されなさそうだが、
彼らの初期を原体験した者にとっては、
忘れられない時期である。


Protected From Reality-I Am

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。