1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

Thrash/Doom/Death/Hard Rock/NWOBHM...(メロスピとかは嫌いDeath)


プロフィール

gutripper67

Author:gutripper67
カレーとハードな音を愛する窓際係長Death。

くるくるウィジェット
検索フォーム
美人時計
くるくるウィジェット
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
3901位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ロック
282位
アクセスランキングを見る>>
サーチウィジェット
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09

Category: Alternative/Grunge

Tags: ---

Comment: 4  Trackback: 0

日本で知られていないバンドを再評価する(パート1)
( ;‘e‘)<ここJapanでは、某ぶるるん!誌がグランジオルタナ敵視の傾向を打ち出していた為、
一般に知られていない良質のバンドが沢山おります。
それらを再発見しませう。

Acid Bath/When The Kite String Pops

$Protected From Reality-a.b

米ルイジアナで'91に結成。'94に本作でアルバム・デビュー。
殺人鬼ジョン・ウェイン・ゲイシーのアートワークで話題を集める。
病んだ歌詞とフィードバックを多用したギターサウンド、へヴィなリフでマニヤ受けは良かったが、
さすがに一般的にはブレイクせず、アルバム2枚で解散。



Barkmarket/L Ron

Slayer等を手掛けたプロデューサー、Dave Sardyが在籍していたバンド。
3ピースで、初期SoundgardenをもっとシンプルでRawな感じにしたというか、
もっと実験的にしたというか・・・
まあ、つべでチェックしてみて欲しい。
ヘヴィ・ロックのカッコよさに満ち溢れたサウンドである。

$Protected From Reality-L Ron



この手のヘヴィなバンドを無視して、“泣きのギター・サウンド”、“哀愁の美旋律”、
“完璧なる構築美”に“クラシックからの影響を感じさせる”バンドや、
やたらキモいハイトーン・メロスピバンドばっかを偏愛していたら、
やっぱ日本はロック後進国だと言われるわなあ。
Toolあたりもロキノンあたりでの評価のほうが高かった気がする。

昔、レコードレビュー担当が深○氏だったときは、Nena(!)やRobert Clayなんかを取り上げてます。
ヘヴィのへの字もないわな。
後にメタル・ギアの編集長とかやってますが、そもそもあの人もメタル嗜好ではないよな。
平野・増田体制になっていれば今の惨状は避けられたのでしょうが、
その2人は別な所でもやっていけるだけの知識と対応力があったが、
今の変臭長は“あの雑誌に居るしかなかった”(&無駄な高学歴)ので、
こうなったのであろうというのが私的見解。

なんだかぶるるんを語るみたいな内容になってきたので、股。



When the Kite String Pops/Acid Bath

¥1,443
Amazon.co.jp

L. Ron/Barkmarket

¥1,347
Amazon.co.jp


杉ありさ/お初です!お杉です☆ [DVD]/杉ありさ

¥3,990
Amazon.co.jp

スポンサーサイト

09

Category: Alternative/Grunge

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

Melvins/The Maggot

1999作、Mike PattonのIpecacレーベルに移籍しての第一弾。

通産10作目なんだろうか。

いわゆる、フラワージャケット3部作の1つなのだが、

この作品は最もハードで、かつ彼らの作品の中では

分かり易い内容になっている。

ただ、曲目16曲表示なのに実際は8曲しか入ってないなど、

ヒネクレ度は相変わらずだが。


1-2 Amazon

3-4 AMAZON

5-6 We All Love Judy 

7-8 Manky

9-10 The Green Manalishi ( With The Two Pronged Crown )

11-12 The Horn Bearer 

13-14 Judy

15-16 See How Pretty, See How Smart 


Vo/G:King Buzzo

B:Kevin Rutmanis

Ds:Dale Crover


Produced by Melvins / Tim Green 


暴走スピードナンバーで始まり、

彼らお得意のミディアム・へヴィな展開に持っていく“Amazon”、

スピーディーで切れのいいリフが爽快な“We All Love Judy”は、

このアルバムでの自分の一押しナンバーである。

続いて長い電子音のイントロから

ミディアム・ヘヴィ・グルーヴに雪崩れ込む“Manky”、

スピーディーな爆走ナンバー

(ついでにエンディングでドラムも爆裂)

"The Horn Bearer”・・・と楽曲も充実している。

ちなみに9-10はあのJudas Priestもカヴァーした、

Fleetwood Macのあの曲。

勿論、スロー&へヴィなヴァージョンである。


このアルバムは比較的、

Melvins初心者にもオススメしやすい内容と言えるだろう。


The Maggot/Melvins
¥1,309
Amazon.co.jp




02

Category: Alternative/Grunge

Tags: ---

Comment: 6  Trackback: 0

TAD/8-Way Santa

いわゆるAlternative/Grunge系では3番目に好き。

このジャンルに属するバンドと紹介されているが、

陰鬱でナイーヴなイメージは微塵も無く、

ひたすらヘヴィで豪快なハード・ロック寄りの音。

中心人物のTad Doyleのカラーが強く出ているのだろう。


?Jinx

?Giant Killer

?Wired God

?Delinquent

?Hedge Hog

?Flame Tavern

?Trash Truck

?Stumblin' Man

?Jack Pepsi

?Candi

?3-D Witch Hunt

?Crane's Cafe

?Plague Years


Vo/G:Tad Doyle

G:Gary Thorstensen

B:Kurt Danielson

Ds:Steve Wied


Produced by Butch Vig


'89にSub Popより「God's Balls」でデビュー。

間にEPを挟み、'91に本作を発表。

基本は?、?、?のようなワイルドで野太いリフで押し捲る、

ヘヴィで豪快なナンバーである。

他の鬱的なオルタナ・バンドとはこの辺で一線を画している。


ただ、力で押し捲るだけでなく、

Melvinsあたりの影響も感ずるへヴィでうねる?、

?はREMあたりにも通ずるポップな歌メロを持つ曲など、

力技一辺倒でない所も見せる。

変則的なリフ展開を持ち、XTC的な歌メロを持つ?も面白い。

この後はメジャーのGiantと契約するが全く売れず、

廃盤となった今も中古盤が投げ売られています。


日本でもデブ/ヒゲのルックスで見向きもされず、

加えて日本人好みの(出たw)繊細さや叙情性の全く感じられない音なので、

全然売れませんでしたが、個人的には好きです。

ハードで湿り気の無い音が好きな方にはうってつけだと思うがな。

8-Way Santa/Tad



¥1,115
Amazon.co.jp

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。