1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

Thrash/Doom/Death/Hard Rock/NWOBHM...(メロスピとかは嫌いDeath)


プロフィール

gutripper67

Author:gutripper67
カレーとハードな音を愛する窓際係長Death。

くるくるウィジェット
検索フォーム
美人時計
くるくるウィジェット
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
4616位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ロック
324位
アクセスランキングを見る>>
サーチウィジェット
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20

Category: 産業ロック/メロディアス・ハード

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

Billy Squier/Emotions In Motion

'82年ソロ3rd。

だいたいこの頃売れていた産業ロック/メロディアス・ハードの連中の作品は冷遇されていて、

Loverboyも4thや5thは廃盤、Sammy Hagarや38 Specialも入手出来ない作品がある。

(ましてやFranke&The KnockoutsやChilliwack等は・・・)


この作品も暫く入手困難だったが、2007年にようやくリイシューされた。


?Everybody Wants You

?Emotions In Motion

?Learn How To Live

?In Your Eyes

?Keep Me Satisfied

?It Keeps You Rockin'

?One Good Woman

?She's A Runner

?Catch 22

?Listen To The Heartbeat


Produced by Mack & Billy


大ヒットした前作に続き製作された本作は、ジャケをアンディ・ウォーホルが担当、

制作費もかなり掛けられたようで発売前にはかなり話題となっていた。

しかし、前作の“The Stroke”、“In The Dark”、

“Lonely Is The Night”のようなキメのHRナンバーが無く、一聴しての印象は地味である。

実際、シングルカット第一弾のタイトルチューン?は、さしてヒットしなかった。

個人的には“The Stroke”のような緊迫感には欠けるが、

ミディアムテンポのへヴィチューンで結構好きだ。

次いでアップテンポのノリのいい?がカットされ、これは確か全米トップ40入りしている。


全体的に前作よりHR度は後退しR&R色が強くなっているが、

哀愁漂うサビメロの?、Zepのミディアム・へヴィ・チューンを思わせる?、

ルーズなノリがカッコいいHRナンバー?、ラストのうねり捲くる幻想的な?が良い。

次作「Signs Of Life」もヒットするが、オーヴァープロデュース気味になっていた。

以後は段々セールスも落ちていき、“あの人は今”状態になってしまうわけですが、

現在も活動中のようです。


ところで、彼はコンバースの社長のご子息というのは本当なのだろうか。


Emotions in Motion/Billy Squier
¥1,021
Amazon.co.jp




スポンサーサイト

07

Category: 産業ロック/メロディアス・ハード

Tags: ---

Comment: 4  Trackback: 0

Aldo Nova/Subject
カナダのマルチ・プレイヤー、Aldo Novaの'83リリース2nd。
長らく廃盤で入手不可でしたが、ようやくWounded Birdが今年リイシュー致しました。
リマスターで音質も良くなっててグッジョブDeath。|゚ー゚)b

彼は'82にセルフ・タイトル「Aldo Nova」でPortraitよりデビュー。
ここからシングル“Fantasy”が全米トップ30に入り、
アルバムもベスト10にランクされてミリオンセラーになるという、
新人としては異例の成功を収める。



翌'83に発表されたのが本作。

?Subject's Theme
?Armageddon(Race Cars)
?Armageddon
?Monkey On Your Back
?Hey Operator
?Cry Baby Cry
?Victim Of A Broken Heart
?Africa(Primal Love)
?Hold Back The Night
?Always Be Mine
?All Night Long
?War Suite
?Prelude To Paradise
?Paradise

Vo&All Instruments:Aldo Nova
B:David Sikes/Neal Jason/Steve Buslowe
Ds:Billy Carmassi/Chuck Burgi

Produced by Aldo Nova

前作の成功で自信を得て、セルフ・プロデュース、B&Ds以外の殆どの楽器を自ら演奏、
しかもコンセプト・アルバムとやりたい放題ですが、これが素晴らしい。
冒頭の短いインスト?、?から近未来的な?へと繫がる流れ、
ここからミディアム・テンポのハードな?、Coney Hatchのカヴァーであるメロディックハード?、
ギターソロが素晴らしい、ポップな疾走ナンバー?、哀愁のバラード?・・・と、怒涛の名曲攻撃。
再び短いインストの?を挟んで、アルバム後半も捨て曲無し。

文句無く、彼の最高傑作です。
各曲にフィーチャーされている、彼のギタープレイも素晴らしい。
ケチを付ければ多少線の細いVoが唯一の欠点か・・・
でも楽曲の充実度やアルバム構成の見事さでそんな事も殆ど気になりません。
内容的に充実していたものの、このアルバムは前作ほど売れず、
この後のアルバムも発表するごとにセールスは先細り状態になっていってしまいます。
(シンディ・ローパーのバックバンドのGとして来日した事も)

しかし、その後の彼はソングライター/プロデューサー/スタジオミュージシャンとして、
セリーヌ・ディオンやJon Bon Joviに曲を提供していたりします。
本作はメロディックなHR好きな方なら聴いて損は無し!と断言致します。






Subject...Aldo Nova/Aldo Nova

¥1,431
Amazon.co.jp

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。