1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

Thrash/Doom/Death/Hard Rock/NWOBHM...(メロスピとかは嫌いDeath)


プロフィール

gutripper67

Author:gutripper67
カレーとハードな音を愛する窓際係長Death。

くるくるウィジェット
検索フォーム
美人時計
くるくるウィジェット
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
3653位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ロック
259位
アクセスランキングを見る>>
サーチウィジェット
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

27

Category: New Wave/Post Punk

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

Killing Joke/The Peel Sessions 1979-1981

元々全米Top40ものから洋楽を聴き始めた人間なので、

Metal以外のものにも大体は対応できる。

洋楽ビギナーの頃はNew Wave全盛で、

Police,The Clash,Jamなんかをよく聴いていたものだ。

そんな中異彩を放っていたのがこのKilling Joke。

最初は変なバンド名だと思っていたが、

このバンドの作り出す独特の音世界は、

非Metalバンドでは唯一無二のハードネスを持っていた。


これはタイトル通り1979?81年のイギリス・BBCラジオ向けの

音源を集めたもの。


?Pssyche

?Wardance

?Nuclear Boy

?Malicious Boogie

?Change

?Tomorrow's World

?Complication

?The Fall Of Because

?Tension

?Butcher

?The Hum

?Empire Song

?We Have Joy

?Chop Chop

?Tension

?Unspeakable

?Exit


Vo:Jaz Coleman

G:Geordie Walker

B:Paul Raven

Ds:Ben Calvert


???がバンド初期'79年の音源、

?以降が'80?'81のものである。

Metalとは異なるベクトルを持つ音であるが、

独特のプリミティヴなリズム感覚、

それに被さるエッジの鋭いギターサウンドは快感である。

後のオルタナティヴやインダストリアルに与えた影響も大きく、

Metallicaが例のEPで“The Wait”

をカヴァーしたのはあまりにも有名。

特に?や3rd収録の?、?、?、?、?は

HM/HRファンにもアピールする部分は多々あると思う。

後にPaul Raven(2007没)は、

ProngやMinistry、Godflesh等にも参加した。


個人的にオリジナルアルバムでは、

3rd「Revalations」、Noise移籍後の8th、

「Extremities, Dirt & Various Repressed Emotions 」

(長げータイトル)をオススメする。


The Peel Sessions 1979-1981/Killing Joke
¥1,493
Amazon.co.jp


Extremities, Dirt & Various Repressed Emotions/Killing Joke
¥1,433
Amazon.co.jp


Revelations/Killing Joke
¥802
Amazon.co.jp



スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。